多くのアクセスを集めるユーザーファーストSEOを意識しよう

SEO

検索エンジンの本質から考えるユーザーファーストSEOの重要性

男性

最近、読者のことを一番に考えてウェブサイトを作成することでSEO対策を行うユーザーファーストSEOが注目されています。ユーザー目線でのコンテンツ作りは再訪問率の上昇などさまざまなメリットがありますが、SEO対策としては遠回りな手法ではないかと思っている人も多いでしょう。しかし、検索エンジンの本質を考えれば、ユーザーファーストSEOの重要性が理解できるはずです。検索エンジンの目標は、情報を探している人に最適なコンテンツが掲載されたウェブサイトを紹介することにあります。手法自体は時期に応じて変化するものの、検索キーワードに対応した適切な情報があるページを見つけることが検索エンジンの本質と言えます。
検索エンジンからの評価を高める方法として人気の高いウェブサイトにリンクを貼ってもらうというテクニックがありますが、これは検索エンジンが適切な情報があるかどうかを見極めるための1つの手段でしかありません。今後AI技術の発展により検索エンジンは実際に検索するユーザーと同じ価値基準でウェブサイトを評価するようになっていくでしょう。つまり、利用者のことを第一に考えるユーザーファーストSEOは、検索エンジンが進化すればするほどSEO対策として有効な手段になっていきます。今は遠回りであるように思えても、最終的に多くのアクセスを得る助けとなるはずです。

SEO対策をするなら誰に見てもらう記事なのかを意識しよう

ウェブサイトのSEO対策をするなら、記事を作成する際に誰に見てもらう記事なのかを意識することが大切です。コンテンツの内容をターゲットとしているユーザーの興味に合わせることはもちろん重要ですが、どんな端末を使ったユーザーがアクセスしてくるのかも意識しましょう。例えば、スマートフォン用ゲームの攻略記事を掲載したウェブサイトは、パソコンよりもスマートフォンからのアクセスが多くなると予測できます。そのため、スマートフォンで見てもらいやすいページを作成しておけば、自然とユーザーファーストSEOにつながるはずです。
実際、モバイル対応がしっかりしているウェブページはスマートフォンから検索したときに上位表示される傾向にあります。ブログサービスなどでは記事を更新するだけでモバイル用のページが作成されることが多いですが、ユーザーファーストSEOを考えたページ構成になっているとは限りません。モバイル端末に向けたユーザーファーストSEOをしっかりと考えるなら、SEO対策業者に依頼するのが手軽な方法と言えます。Wordpressなどを活用してスマートフォンに最適化されたページが自動生成される仕組みを構築してもらえば、通常通り記事を作成するだけで気負わずにモバイル向けのSEOができるからです。

誰に見てもらう記事なのかを意識するSEO対策

今やネット上には、いろいろな記事が毎日アップされ、情報量が増大しています。しかしこの多くの情報量をすべて見る人と言うのはおらず、みんな自分が興味あること、そして目についたものを見ることが多くなります。
それを考えると、記事を作る側としては、誰に見てもらう記事なのかということを意識して作り上げることが大切なのではないでしょうか。SEO対策としては、まずはターゲットを絞るということが一番の課題となるからです。
例えば、一般的な人に見てもらうための記事なら、専門用語はなるべく使用せず理解できるように情報提供することが重要です。しかし同じような内容でも多少知識がある人、もっと勉強をしたいという人が見る場合には、専門用語も使用して知識を提供することが重要なのですね。つまり誰に見てもらう記事なのかということを考えて、記事を書く必要があるのです。
しかし実際にユーザーファーストSEOをすることは簡単ではありません。そのために活用したいのが、専門業者なのですね。専門業者というのは、いつもユーザーファーストSEOの動向を追跡、分析しています。流行の変化や話題の信ぴょう性の変化などにも素早く対応することができます。誰に見てもらう記事なのかということを考えた場合、ユーザーファーストSEOを実践できる業者に頼むことも一つの方法なのです。


次世代型のSEO対策って何だろう。答えはユーザー目線のSEOのプロ集団「グランネット」が知っています。ぜひ一度ご相談ください!